×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

注文住宅と建売住宅

注文の一戸建てか建売のどちらを購入するか

マイホームを購入する際に、注文の一戸建てか建売のどちらを購入するか迷う方も多いでしょう。
注文住宅と建売住宅では、購入までの段取りや入居開始時期などに違いがあります。

 

注文住宅は、間取りや外観などを自分で自由に選ぶことができる住宅です。
オーダーメイドの住宅ということで、当然建物を作る前にハウスメーカーとたくさんの打ち合わせを行います。

 

建売住宅は、既に完成された住宅を購入する形になります。
その為、間取りやデザインなどを購入者が自由に設定することができないのです。

 

その代わりに、既に完成形になっている住宅ですから、購入後は短期間で入居を開始することが可能になります。
注文住宅では、どうしても入居開始までに時間がかかります。

 

契約を結んでも、注文住宅の場合はまだ物件が完成していません。
そこから建築期間を経て、やっと入居が開始できる状態になるのです。

 

つまり、急いで新居が欲しい場合には建売住宅の方が効率的ということになります。
注文住宅にも建売住宅にも異なるメリットがあるので、状況に応じて購入する物件を決めると良いでしょう。